育児書に学ぶ部下指導

部下の扱いに悩み、自分が病気になってしまう人が増えてきました。育児書にはヒントがいっぱいです。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

セルフモニタリング

公的自意識が欠如している人が増えていると言われています。

自分自身を画面の中の見るようなイメージでモニタリングチェックし、

行動をコントロールする能力が公的自意識です。


事の真偽を確かめる術はありませんが、

『本来は自分自身で行うセルフモニタリングを、子供の代わりに親が行っている』

『親が手や口を出しすぎる。結果として、公の場における自分をチェックする能力が欠如する若者が増えた』 

といった分析を語る人がいました。


なるほどと思わせる部分が多く、

仕事の現場に照らして言及し、

『 叱られる際に、 「叱られている」 という事自体から説明すべき 』 と結ばれていました。


何度言っても響いた様子がない部下は、

叱られているという事自体がわかっていないのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:仕事の現場 - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/03/06(木) 14:17:42|
  2. 育児書
  3. | コメント:0

急かせる言葉は心に届かない

『ほら。また・・』 『早くしなさい』 『さっさとやりなさい』

どこの家庭でも、日常的に使われている言葉です。


「急かせるのは親の都合。いろいろ言われる子供には関係の無い話」 といった言葉の後に、

「子供が順応性が高い動物。急かされる事にも慣れてしまう。 お母さんだけがイライラを募らせる結果に終る」 といった言葉が有りました。


急かされる中で、他人との関わり合いを覚え、

「他人に迷惑を掛けない」 という感覚を身に付けていく事は、言うまでもなく大切な事です。

しかし、
そこに何かしらの我慢や工夫がないと、注意の重みが無くなっていく事は誰もが知っている事です。

残念ながら、急かすことに関する、明確で新しいアイデアの記述はありませんでした。

その本の一節は、
『仕事も子育ても 『忍』 と 『工夫』 」 で締めくくられていました。

テーマ:仕事の現場 - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/03/04(火) 18:05:22|
  2. 育児書
  3. | コメント:1

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。